日産燃費偽装(7)~もう10万円で手打ちにしようとか

日産に対して集団訴訟を起こすということで、大阪の弁護士団が立ち上がったわけですが、

結局、どこまでいってもお金、お金、お金。。。

弁護士団が提示してくるものは一体何なんだろう。。。
正義なのか、、、むしろ、儲けなのかなと思います。

正直、今回の集団訴訟って被害者側にメリットなんてないんです。
というのも、契約無効を訴えましょう。許してはいけません。
っていって、解除されたとしても、、、こちらは弁護士に「成功報酬」なるものをがっちりと奪われるだけですから。



正義の名の下に、であれば、制裁金や損害賠償という部分を前面に出して戦うべきでしょう。
問い合わせた結果として感じたのは、

そんなものはなくて、、、

事務的な返答でした。

しかも、、、意味不明な回答しか来なかったので、もう一度質問をしないといけない始末。


なんか、、、こう、、、戦うって感じではなくて、なんというか、取れそうだから立ち上がった的な感じで、全面戦争をするぞ!という気迫もないのかな。
それを自分を読み取れなかったのかなと思いますが。




一連のことを整理して考えますと、

欲しかったのは誠実な対応であって、血の通った言葉だったように思います。
そのことが一番納得行かない部分。

日産としてみれば「我々は被害者」であり、購入者から金を巻き上げられないように「10万円さっさと受け取れや」という次元で考えているのが残念極まりない真実であるわけです。
お客のことなんて考えてなんてなかった。

それが残念で、無念で。

結局、これ以上の納得材料は出ないままです。
ので、集団訴訟しても意味ないし、10万円をもらう以外の選択肢がないのかな。

日産にしたらシメシメの展開でしょうけどね。それでお客の信頼を失っているんだから、金勘定ができていないとしか言いようがないと思います。

コメント

  1. 通りすがりのもの より:

    とりあえず、集団訴訟しなくても個人的に販売店に契約取り消しの意思表示をされてはどうでしょう?時効になる前に。
    その後、今起きてる訴訟の結果をみて対応を迫るのがいいかと思います。
    弁護士費用はかかりませんし。

    • mori より:

      言っても無駄でしょうね。
      購入した販売店と生産している日産はまったくの別物的な感覚のようですから、「私達もこまっています」的な感じです。
      正直なところ、集団訴訟自体も請求する金額が少なすぎてまったく意味がなく、弁護士会が儲けたいだけじゃないの? くらいのものだと思っています。

      日産という大企業にマスコミ各社もびびって、何もしませんから。日産の逃げ勝ちになりますね