Google日本語入力を愛用しています!

パソコンで文字を打った時に変換をしてくれるIMEソフトとして、Google日本語入力を愛用しています。
おそらく多くの人が、マイクロソフトが提供しているものを使っていると思います。
こだわりがある人は、ATOKでしょうか。

キーボードは親指シフトを愛用していまして、この親指シフトとの相性がいいんですよね。
パソコンで膨大な文字を入力するので、この2つは絶対に手放せないものになっています。



Google日本語入力のすごいところは何かというと、カスタマイズの自由度が高さと無料なのに高機能な点。
どんな設定をしているかというと。

親指シフトに合わせたキーボードの配列とともに、keyの打つタイミングで意味合いも変えています。



文字入力中に変換キーを打つと、「変換」操作になり、変換候補が出ている時にもう一度押すと「決定」になります。
また誤変換した文字については、カーソルでアクティブにしてから変換キーを押すと「再変換」できます。

数字は全角モード使用中で打ち込むと基本が「半角数字」になっていますし、横のテンキーからの入力は「直接入力」です。
数字は半角にしているので、わざわざ変換するのが面倒ですよね。
このたった1クリックの差ですが、長時間文字を打つとすると大きく貢献してくれています。

Google日本語入力の面白いところは、「あめりか」と入力すると「America」のように、英単語が候補に出てくる点です。
有名なドラマとかでは「ぷりずんぶれいく」と入力すると、「プリズン・ブレイク」と変換候補を出してくれます。
「・」が入っているんですよね。

%などの記号に関しても、「半角」「全角」のどちらで最初に表示するかを決められます。
そうしたものは気にしない人は気にしないのですが、自分はかなり気になるので、基本的に英数字と記号は半角に統一です。
「」だけは全角で打っていますが、これも標準で半角をカスタムできます。



変換候補に関しても、Googleが常に更新をしてくれているのだと思います。
最近の話題であっても変換がスムーズに行くんですよね。


ちょっとした差なんですが、使えば使うほどに入力の手間が省けて行きますし、カスタマイズをするとどんどん便利に速くなります。
動作も軽快です。
辞書ツールも充実していて、簡単に登録ができるので、自分がよく使う用語は登録しておいて短縮すると楽です。
Google日本語入力を使えるのはPCとアンドロイド端末になります。

iOSがないのが、ネックです。
興味がある人はチェックしてみてください。
普通に使うだけでもマイクロソフトよりもいいと思いますが、本当の魅力はカスタマイズするところにあると思いますよ。