包丁を研ぐ。上達はとにかく習慣化

我が家の包丁はこちらです。


ノーメンテでやってきており、さすがに劣化が激しくなったので、今年は包丁研ぎをやっています。



今までは簡易の包丁研ぎでごまかしてきましたが、切れ味が全然長持ちしません・・・。
もちろん、手入れをしなくても包丁は切れるのは切れますが・・・

やっぱりシャープさがなくなってきます。
そして、砥石を使うようになりました。

砥石が必要かどうかは、普通の印刷用紙を包丁で切れるかどうかを試してみるといいですよ。




食洗機で包丁を洗っているので、思う以上に刃がかけやすいです・・・。
自分で洗えばいいのですが、食洗機が神すぎて・・・・。
包丁の置き方もあるんでしょうね。

ちょっと研究が入りますね。


この砥石は2種類ついていて、まずは400番の荒砥石で包丁を研ぎ、1000番の細かい砥石を使って仕上げます。




さらにこだわる人は3000番を使用するようですが、そこまでこだわりはありません。

食洗機ですぐに削れてしまいますし。

1000番で十分に切れるようになります。





この砥石の好きなところは、台をそのまま利用して乾燥できるところですね。




砥石で重要なことは研ぐのがうまいとかではなくて、定期的に研ぐかどうかだと思います。
完璧を目指すよりも、習慣化すること。
砥石をバケツで水につけると楽でしたので、気軽にいけそうです。

とにかくやってみる。印刷用紙が切れたら良しとします