世の中には絡みたいというだけの人間もいる

こんにちは、Moriです。

まあ、世の中不思議なもので、タイトルの通り、人にただ絡みたいだけの人がいますね。
ネット限定かもしれませんが。

自慢的なことや挑発的なことを書くと、特にひどい・・・。



そうやって書く人は単純に心が弱くて、自分の正義が正しいと思っているんでしょうね。
それと、現実世界がうまくいっていないから、自分が特定されないことをいいことに報復行為としてやっているだけです。

ですので、そういう人たちのことを相手にしない。間違いなくそれがいい。

最近、思うのが、声の大きなどうでもいい少数の人間の意見が正しいようになってしまうこと。
政治なんてそうだけど、やっていることは真っ当であろうとも、ひょんなことで出てきた、本当はどうでもいい一意見が、あたかも総論のようにニュースは演出します。
それを受けて、コメンテーターも「そうだそうだ!世論を聞け」なんて言うから世の中おかしくなっちゃう。




それと同じで、仮に何かをした時に、ネットで批判がきたとしても、その意見がただの1。
100でも10000でもなくて、ただの1。
だから、なんにも気にしないでいいわけですし、言っているのはただのクレーマーでしかありません。


その人物があなたにとって非常に意味ある人ならその1はとても大きな1です。

この違いをきちんと理解してやっていくことが大事だなと、、、最近よく思うので、つらつらと書いてみました。
顔も知らない赤の他人なんて、気にするのはやめましょう。




  1. クレーマーってこんな人だよ 10の特徴
  2. すき家には電話がない。クレームの電話もできない不思議な所
  3. 自称「自分はすごい」人間の痛い10の特徴~あなたはなっていませんか?
  4. 読書の4つの大事さについて語ってみる
  5. ローソンのマチカフェはようやくセルフ式を導入~待ちカフェから解放か

シェアする

フォローする