海人の藻塩を使うと料理がまろやかにおいしくできる!!

こんにちは、Moriです。

広島には伝統的な塩製法で作っている「藻塩」があります。


どんな塩かというと、

塩田による製塩が始まる以前、縄文時代より平安時代までの間に日本各地で行われていた”藻塩焼き”による製塩法がありました。「海人の藻塩」はその古代製塩技法の考え方を基にして現代の衛生的な設備で作られています。
原料は海水だけでなく、ホンダワラと呼ばれる海藻も用いています。その為、海水と海藻の海の恵み成分が豊富に含まれています。薄茶色の色がついているのは、そのヨード分の色。塩としての辛さや、塩カドはほとんど感じないほどまろやかな味の塩です。




100gで400円以上もするもののAmazonでのカスタマーレビューは高評価です。
そんな藻塩を気になったので購入してみました。





普通の塩と何が違うかというと、ミネラル分が多く入っています。
なので、なめてみると塩の辛さが目立つのではなく、まろやかな味がします。






言うならば天然のアジシオとでも。

この藻塩をわかめスープに入れてみたり、おにぎりに入れてみたりすると、あら不思議。まろやかにおいしくできます。





プラシーボ効果かもしれませんが、普段使っている塩とは、入っているミネラルの分だけの違いがありますし、天然素材でできているので味に全く違和感がないです。
ちょっとした違いなんですが、こういう差が大きいのかもしれません。

下蒲刈には遊びにいったことがあるのて、また行く機会を作って現地が藻塩を購入してみたいと思います。
気になる人はチェックしてみてください