オーバーフロー水槽を維持するための装備はこんな感じです

レヨマン(オーバーフロー水槽)の設備について、一度書いたような書いていないような気がしますので、記事にしておきます。
レヨマンの構造は、
上段 60cm×30cm×18cm(4室分け)
中段 60cm×30cm×18cm(3室分け)
下段 60cm×30cm×36cm(ADA60cm水槽)

となっており、上段→中段→下段と水がオーバーフローして落ちていき、フィルターで上段に水が持ち上げられて循環しています。
ここに、ルブラ、フォーシィ、クラウンテール、チョコグラの稚魚、レッドデビルエンゼル等が入っているわけです。



基本の水質調整セット。
左:アズーダブルブラックウォーター。殺菌、軟水化、栄養等のために入れています。
中:テトラバイタル。主に産卵、成熟のために必須ミネラル補充です。
右:エーハイム4in1。ずっと水換えのカルキ抜きはこちらです。ビタミンも入ってます。

アズー ダブルブラックウォーターとテトラバイタル



次はフィルターは、エーハイムプロフェッショナル3 2071。
ろ過容量自体は4.5L程度ですが(実際にはもっと低いはず)、モーターのパワーがあるのでレヨマンには推奨されています。
そのかわり、ホースは16mm/22mmと太めです。

エーハイムプロフェッショナル3 2071


上段と中段はジェックスのクリスタル スリムビーム W-60。
60cmサイズで6Wという衝撃。
水深が18cmと低いので採用しています。

LEDライト


他のを使うとコケコケになりますからね。


下段のADA60cm水槽は、アクシーイオンZ 450iです。
45cm水槽用で36Wと高出力。
おかげでコケが・・・。

アクシーイオン36W


でも、眩しいんですよ・・・すごし。



そして、このオーバーフローの一番のメリットは、殺菌灯。
これ1台ですべての水槽の水が殺菌灯経由となります。
強し。
殺菌灯ターボツイスト。9Wの出力。

殺菌灯ターボツイスト Z 9Wの取り換え


最近、質問されたのが底砂のところ。
基本は生体繁殖が目的のため掃除しやすいように、ベアタンク採用なんですが。

ベアタンクを何度もやっているとどうしても落ちやすいんです。
かといってソイルを敷くとコケコケするし・・・。


とやって、考えたのが、不織布に包んで投下する作戦です。
ソイル効果があり、取り出し簡単。
これは便利です。
中身はプロジェクトソイル5.2が詰まってます。

不織布の中にプロジェクトソイル5.2




なんでもかんでも入れてる感じがしますが、繁殖も無事に成功していますし、いいのではないでしょうか。
他にいいアイディアがあったら教えて下さい。

レヨマン水槽の経過ログ














charm(チャーム) 楽天市場店

アクア用品ならまずはチャームをチェックするといいですよ。
品数、値段、梱包に大満足!ほとんどをチャームで購入しました。 5,400円以上送料無料