ブログで自分の言いたいことにみんなは注目してはくれない。そんなことは知っておこうよ

こんにちは、Moriです。

ブログは面白い。
でも、その面白さはお金が稼げるとかではなくて、自分の表現したいことを表現できる空間があるというところにあります。

この表現というのがくせもので、自分が思っていることを思ったままに書いちゃう人もいます。
それはそれでいいけども、それってただ痛いだけです。

ここがわからない限り、ブログでいい経験を積み重ねていくことはできないでしょうね。



ブログを始める・続けていく上で一番大事な点は、「自分が大事だ・重要だと感じることを、他の人は注目も重要視もしてくれない」という事実でしょう。
そもそも「は、あんたの存在なんて知らないし」そのレベルです。

アクセスやPVも増えないから、劇薬として暴露話や書いてはいけない誹謗中傷などの痛いことに走っていきます。


ですので、とにかく表現する楽しさ、ここに面白さがあるとして理解していく。
その積み重ねができてくると、その一貫性に検索エンジンも流入を増やしてくれるし、リピーターも出てくる。
そういうものですね。

そうやっていっても、自分が芸能人やら、本を出版するようなレベルにならないと影響力ってない。
だから、自分も影響力なんて全くない。
影響力という概念に囚われてしまったら、ブログは表現する場ではなくなる。



そんなもんです。ブログって。
誰でも無料で手軽に始められる。
その辺にゴロゴロ落ちている石っころのような存在。

そんなものに誰もきっと注目なんてしてくれやしないのです。
注目されることに価値を求めるなら、顔出しして動画をアップする方がいいでしょう。

夢のない話ですけども、きっとブログってそんなもんです。
だから、毎日、淡々と更新をしていくわけで、それ自体が楽しいんです。