ウォーキング・デッド シーズン3-10話「宣戦布告」のネタバレ感想

Huluで今回は、ウォーキング・デッド シーズン3-10話「宣戦布告」をみました。



ということで以下ネタバレ注意です。




ニックは妻の亡霊を見つけ、刑務所の外に歩いていく
その様子を見てミショーンは驚く

グレンは、意表をつくために総督を暗殺しに行こうと提案するが、「そうやって意表をつこうとしてダリルが捕まった。無理だ」と止める。
総督たちの復讐に備えて警備を重点的に行うことにした


ウッドベリー。

総督はアンドレアを尋ね、「とてもいい演説だった。君が代表にふさわしい。考えを整理する時間が欲しい
刑務所には報復はしない」

と伝える。
アンドレアは刑務所で昔の仲間と話をしたいという。
その一方で、総督はミルトンに会いに行き「アンドレアを監視しろ」と命令する

しばらく時間が経過後、アンドレアは総督はいないことに気づき、どこにいるのか聞いて回る
動揺したミルトンであったが「知らない」と返事をする


メルルとダリル。
話が全くかみ合わず、メルルはリックのことを恨んでおり、ダリルの発言に何でも噛みつく
彼らは魚を捕まえようと歩いていると、ウォーカーに襲われた集団を発見する

彼らとともに戦い、ウォーカーを撃退するとメルルは強盗のようなことをし始める
ダリルはボウガンを突きつけ「やめろ」と脅す

この一件でダリルはメルルに愛想つかす。
腕を切り落とされた一件にしてもメルルの自業自得だし、あの時は助けにも戻った
仲間の元に戻る。今回は置いていく、と言って歩いていく

ダリルは「あそこには俺の居場所がない」と言いながらもダリルが歩いていくので、ついていく


刑務所。
グレンは総督に対する怒りが収まらず、自分を制御できないでいた
タイリースたちが侵入者ルートを調べると、かなり警備が手薄だということがわかった

グレンが周りを車で見てくると告げ、マギーと話をする
マギーとはウッドベリーで人質となった一件で、グレンと喧嘩になり、すれ違う
そんなグレンを見てハーシェルは声をかける

「ダリルもリックもいないからこそ、俺がリーダーにならないといけない」と。
ハーシェルは彼を止めようとするが、グレンは止まらない

ハーシェルは塀の外をうろつくリックを呼び止めて話をする
が、彼は話を聞ける状態ではなかった
彼は「ローリが現れるんだ。それが本人ではないことはわかっている。でも、そこには理由があるはずなんだ。それを知りたい。いつまでかかるかわからないが、それを知りたい」

と森の中に歩いていく

その瞬間、外から銃撃されアクセルが撃たれてしまう。
総督たちの報復だった
銃撃は絶え間なく続き、反撃するが撃退できず、刑務所に大きなトラックが突っ込んで来る

トラックの荷台が開かれるとそこからは大量のウォーカーたちが出てくる
狙撃手を何人かやっつけ、総督たちはある程度の戦果が上がったことを見て撤退する
そこにグレンがやってきて、庭でウォーカーに追われるハーシェルを救出する

屏の外にいるリックにウォーカーたちが襲いかかる
危機一髪というところで、ダリルとメルルが戻ってきて加勢してくれる





総督は報復しないと言っていたが、あれはアンドレアを信用してないからこそ言ったんですね
アンドレア同様、だまされてしまいました
総督の居所を聞かれた時のミルトンの怪しい様子は、報復に行ったことを知っていたから動揺していたんですね

なるほど


メルルはシーズン1を思い出してみると、相当にゲスでしたね
そのゲス野郎にほいほいとついていくダリルもかわいそうでありますが、ようやく決別する意思がもてたことは大きかったですね

リックは幻覚を追いかけ、そこに何の意味があるのでしょうか?
見つかるわけもないですし、どうしたら解決することができるのでしょうか
そういえば、彼は世界が急変する前は頭を打って入院していましたっけ?

だから、今回のショックで幻覚を見るようになったのかもしれませんね
という伏線であったら本当に驚きです

総督たちの報復行為は今後も続くわけですから、どうやっても武器量が違うので勝ち目がないと思われます
その点をどうやって克服するのか、、、、

ダリルが戻ってきてくれましたが、メルルも来てしまったわけで、グレンはブチ切れているわけですから、どうやっても収拾がつかないと思いますね
おまけにリックはぶっ飛んでいるわけで、こんな状態でうまく乗り切れるようには思いません

逆に言えば、ここまでのピンチだからこそいろんな思いはあるかもしれないけど、皆でまとまることができるのかもしれませんね
グレンが言ったように、総督を奇襲することでうまくいくでしょうか? 元兵士ですからそれは現実的ではないので、一体どうするのか見物ですね

タイリースたちは何らかの形で関わってくるのでしょうか
どうやって見ても絶体絶命だとしか思えないですが、、よくもまあ、ここまでのピンチを毎回演出してくれますよね
視聴者を飽きさせないと言うか、毎回ハラハラさせられっ放しですね



ということで、次回もHuluで楽しみたいと思います。