ヒーローズ・リボーン 1話「素晴らしい新世界」後編のネタバレ感想

ドラマ:「HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)」をHuluで見ています。






今回は1話「素晴らしい新世界」後編のあらすじとネタバレ感想です。





HEROESのシーズン1のように、主人公が何人かいてそれぞれのパートで動いていきます。

高校生のトミーとエリーのパート。

トミーの能力を知ったエリーは、トミーに能力を見せてもらい驚く。
彼女の彼氏がその現場を目撃する。




彼氏はトミーにばらされたくなかったら、言うことを聞けと、トミーに義父を消すように要望する。
トミーは義父を消そうかと躊躇していると、義父に怪しまれて逃げ出す。その直後になぜの老人が義父の元を訪ねる。

怪しげなコインを持ちながら、話しかける老人。





その後、どういうわけか、義父が消え去り、彼氏大喜び。

トミーはアイスクリーム店でエリーと閉店後の仕事。
アイスクリームの中に、消し去った花を発見し、彼の能力が考えている場所に飛ばす能力だと知る。


・・・・瞬間移動の能力ですね。
ヒロの能力に似ていますが、時は止めることはできない模様。
おじさんを消したとしても、どこで再発見されるだけで大騒ぎになるところでしたね。

コインの老人の動きが気になりますね。能力者たちを発見されないようにしているように思えますが一体何でしょう。
前編ではタレコミ男性の記憶を消していました。
もしかしたら、コインの中に封じ込めることができるのでしょうか。
・・・・



ミコとレン・シモサワのパート

レンがミコの元を謝りに訪れると、ミコがゲームの世界に入り込んでいた。
ゲーマーのレンはコンピュータを操って、自分のキャラをゲームにログインさせて、ミコを援護する。

そこに、連れ去られていくミコパパを発見する。
「お父さん、助けに来た!」叫ぶミコの前に、敵が現れ、攻撃されてダウンする





現実世界に気絶したまま戻ってくるミコ。

目覚めたミコは自分が刀ガールであること、父を助けに行くことなど使命を理解し、再びゲームの世界へ行く覚悟をする。
「父はヤマガト工業のビルに連れ去られた」と。




そして、刀を抜いてゲームにログインして、ヤマガト工業に忍びこむ。
現実世界から応援するレン。
ヤマガト工業は罠で、大勢の敵が押し寄せてきた。

ミコは刀をさやに納めると、なんと現実世界に戻って、ヤマガト工業に忍び込んでいた。
警備員に囲まれ、暴れるミコ。




・・・・なんというか、日本人をなめてない? ッて感じですね。毎回。
レンとミコは、ヒロとアンドウ君のようなもんですね。

にしても、レンはなぜミコの名前を知っていて、ミコもレンを知っていたのか・・・。
そもそも、なぜいきなり二人は親しげになったのか・・・とっても謎です。
漫画に書いてあったのかな。

そして、ヤマガト工業といえば、ヒロの会社ですよね。なぜ、ここにミコパパが連れ去られ、なぜ現実世界でミコは暴れるのか全くもって謎です。
この謎加減、いい加減さがHEROESだよなって思いながら。
・・・・


ベネットとクエンティン・フレイディのパート。

ベネットは自分の記憶を取り戻すために何かを知っていそうな、クエンティンを仲間にする。





クエンティンは1年前の能力者サミットで妹を失くしたようだ。
ベネットもそのサミットでクレアを失くしたと考えていたが、正確には記憶がないのだった。

ベネットは事件を調べるためには、モリーを見つけ出す事が一番だと考え、資料探しにサミット跡地(プリマテック製紙)に忍びこむ。
プリマテック社はテロで崩壊したままであり、封鎖されていた。

ベネットは秘密の道を見つけ、資料室もたどり着く。




能力者狩りをしているルークとジョアン。夫婦のようだ。
トミーに消されたと思ったら、トミーが幽閉されていたプリマテックの地下施設にいた。

彼らも1年前のサミットで家族を失い、能力者たちに恨みを抱いているようだ。
二人はどこに飛ばされたのか全くわからずに、なんとか部屋から脱出する。





突如として現れたのは、プリマテックを合併したルノータスの社員。
二人は襲撃し、彼らを社員たちを殺し、資料を奪う。
資料の中には、能力者たちの名前と住所の一覧があり、喜ぶ。


プリマテックに資料探し手に来ていたベネットは、銃声で駆けつけるが、リークとジョアンとは入れ違いになり、撃たれた知人を発見する。



彼らはここで能力者を使って収益化する事業をしていたようで、明日には新しい技術が完成するとのこと。
そして、その鍵を握るのがモリー。





・・・・ルークとジョアンはめちゃくちゃですね。
よくわからない社員たちをものの見事に射殺。うーんんん。。。危険だ。

彼が行動するのは、すべて1年前のサミットのテロのようです。一体この真相は・・・?
・・・・



カルロスとホセのパート。


なくなったカルロス兄の秘密部屋には、人の写真などの資料が。
実は兄は能力者をカナダに逃がす仕事を行っていた。

この仕事のせいで、警察の一部の能力者狩りを推奨するものたちにはめられたことを知る。その黒幕がディアリング警部。





兄の事情を知る神父に話しを聞きに行くと、彼も能力者だった。
2人ほど密航させたいから手伝って欲しいと依頼される。




その手伝ったお礼として、能力者が24金を作り出し贈られる。


カジノで、いかさまをした能力者からお金を巻き上げようとしていたコールガール風の女。
逆に能力者に反撃されて、囚われてしまう。




彼女がモリーだった。



・・・・モリーといえば、場所を探し当てる能力をもっていましたよね。
小さい女の子でしたが、こんなけばけばしく育ったなんて・・・ちょっと悲しくなりました。

ひっさびさに前シリーズの登場人物が出てきましたね。彼女が一体どんな役目を担うのでしょうか。

そういえば、今回出てきた、24金を作る能力、煙になる能力は初登場ですね。


という感じで、2話分見たのですが、、、、そうそう、このリズム、この雰囲気がHEROESだなと想い出しました。
真剣なのか、適当なのか、よくわかりません。

世界に忍び寄る危機は一体何か、1年前に一体何が起きたのか、ここですね。さあ、どうなりますかね。






続きはHuluで追いかけて行こうと思います。では!