ほとんどのブロガーが有料メルマガを発行してもうまくいかない理由

こんにちは、Moriです。


有料メルマガ

とってもいい響きですよね。
ブロガーなら誰しもがその発行をちらっとでも考えたことがあるのではないでしょうか。

でも、結局はうまくいきません。当然のことですが。
ですので、メルマガを考えている人はやめたほうがいいと思います。




そもそも有料メルマガはなぜ始めたいかというと、収入の複線化になり、安定して収入が得られるからです。
月500円のメルマガを100人が購読すると、月50,000円の売り上げです。

使用するシステムによりけりですが、ここから手数料がかかり、3万~4万円程度の収入になると思います。
これが安定的に入ってくると相当なほくほくですよね。


収入の複線化で「メルマガがいいよ」とよく言われいますが、それを真似てもうまくいきません。


というのも、ズバリと言えば、


あなたの文章にお金を払う価値がないから



文章に価値があると認められれば、その前に書籍化の話が来たり、寄稿の依頼が来たりするわけです。
商業ベースで価値が認められるからこそ、その人が出すメルマガは価値があります。





無料で運営しているブログが日々何万PV稼ぐほどのファンがついていなければ、意味がないのです。
無料なのにRSS登録が少ないのに、それを有料になったからといって登録してくれる人がいるでしょうか。
RSSなら1,000単位の登録がないと難しいと思います。

もっといえば、無料と有料をかき分けるほどに、価値のあるものをかけるかどうか。
月500円なら文庫本や中古の本が買えます。
これを超えるほどの情報量があるか、そして、継続的にできるか。



あと、有料メルマガをやるなら無料メルマガから読者を増やせばいいと書いてあります。
そして、有料メルマガを展開すると何割かが登録してくれると。

思うのですが、ここまでしてメルマガにするほどのものがあるかどうか。
時間かかりますし、人数集めるのに苦労します。

それならブログで発信するのと変わらないじゃないですか。ブログならストックできますし。

そう、ブログで十分なんですよね。

ブログで生計が立てられるほどに大きくなった時に、考えるのがメルマガと思います。
最近はサロンが流行っているようですから、サロンですかね。
これも影響力がある人ではないと意味がありません。


結局は、影響力が大きくなるまでは地道にブログで頑張り続けるのが近道だと思います。
メルマガという響きはかっこいいんですけどね。