体幹力を身につける コア・ストレッチ

ストレッチって大事だなぁ、というか偉大だよね。

と、3月末より朝のランニングを取り入れ、実践している中で実感していることです。。
運動不足解消と筋力強化のため、というありきたりな理由なんですが、なんとか続いています。
走りはへぼいんですが。



木場さんの本です。

DVD付き カラダをリセット+体幹力UPのコアトレーニング も持っています。


こんな本です


「首~肩のストレッチ」「腰~股関節のストレッチ」「腕のストレッチ」「足のストレッチ」「ペアストレッチ」について写真入りで解説されています。
各ストレッチについては、写真がついているのとともに、体に透けた筋肉と骨が入れてあり、どの部分が伸びているのかがわかりやすくなっています。
ポイントなども書いてあり、自分でやりながら筋肉の動きを実感しながらできる作りになっています。

こういう人におすすめ


・ストレッチの本を持っていない人
・運動をしていている人
・身体が固い人

体幹力を身につける コア・ストレッチ

感想


1.当たり前だけとストレッチは大事

朝起きると、身体は固い。硬直してます。
そこで、ストレッチをすると、身体が温まってくるとともに、筋肉がほぐれていくのがわかります。
身体を動ける状態にして1日をスタートするかは全然違う気がします。

走ったあとはあとで、筋肉が疲労などで固くなっているので、ストレッチでほぐしていきます。
使うのは、だいたい肩と腰、大腿あたりのストレッチです。

すると不思議なほどに、違和感がとれて、その後の活動に影響が出ません
(運動強度が少ないからでしょうね。汗)

寝る前も少しだけですが、ストレッチをします。
身体のコリで1日の疲れや活動強度がわかります。

毎日やっていると、筋肉の可動範囲が広がっていくのも面白さの一つですね。
前屈とかできないのができてきています。
相当身体がかたいんですよ。

体幹力を身につける コア・ストレッチ

2.ストレッチは自分の身体を知る一歩

朝、夜にストレッチをしていると、自分の身体がどのように使われて、どの部分が披露しているのかがわかるようになります。
今日はたくさん運動したとか、ずっと座っていたなとか、パソコンばかり使ったから肩が凝っているなとか。

そして、その部分へのストレッチを重点的にすることで疲労の蓄積を防ぐことができます。
自分でメンテナンスをするということです。
もしも、しなかったら、どんどん疲労が溜まっていき、気づいたらカチカチに。

木場さんは本書の中で、
「ストレッチで血流がよくなるので肩こり、冷え性の改善ができる。さらには、老廃物を排出されやすくなるので日常の疲れも取れやすくなる」
とも書いています。

日々の積み重ねをどうしていくのかが、問われているわけですね。

体幹力を身につける コア・ストレッチ

3.自分なりのストレッチのメニューを持っていたい

自分の身体をメンテナンスするためには、疲労・緊張している部分を適切に伸ばす・緩めるストレッチメニューがいります。
本書でなくてももちろんいいのですが、とにかく自分なりの「困ったときにはこれ」的なものを引き出しとして持って置く方がよいです。

あるとないとでは、いざというときの効果が違います。

毎日忙しくて時間がないと思いますが、自分の身体を見つめ直す機会にできたらと思います。


こちらは体感のトレーニング本。この値段でDVDまでついているのはお得です。