書評:稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術(勝間和代)

今回は「稼ぐ話力 相手を腹落ちさせるプレゼンテーション術(勝間和代)」を読みました。


本書で特に印象的だったのは、

あなたが思う以上に、話力がある・ないは仕事ができる・できないに関わっている。

という部分です。
言われてみれば、仕事ができる人は話もうまいですよね。話がうまいから、仕事ができるのかもしれません。
どちらが先にせよ、話がうまいことは仕事ができるための必要条件であると言えそうです。



このワンフレーズを読んで、本書を読んでよかったと思いました。

うまいプレゼンテーションは、うまい日常会話の中にある。

とあるように、プレゼンする・しないに関わらず、人と関わる限り話は上手である必要があり、問題意識を持って取り組むべきことです。
この意識を持つかどうかで、話力は変化し、仕事にも大きな影響を持つとも言えます。



中でも気をつけたいと思ったのは、プレゼンをするときには、いかに自分の言いたいことを伝えるかということばかりにフォーカスするあまり、相手のことを考えてなさすぎるという指摘です。
その場合は自己満足的な、一方通行的なプレゼンになってしまいます。

だからこそ、どうやったら相手がわかりやすいかなど、相手目線が必要です。
相手のことを考えるからこそ、プレゼンも双方向なものになっていきます。

こうした指摘はプレゼンだけじゃなく、仕事上での会話、相談などにも当てはまります。
すべての基本はここにあるのかもしれません。

問題意識を持った方にはおすすめの1冊です。では!