成功法則は科学的に証明できるのか?

こんにちは、Moriです。

Audibleを契約してから、オーディオブックを聴く機会が増えました。今回は「成功法則は科学的に証明できるのか?」を聴きました。


本をすべてオーディオブックにしたものです。

本書は最先端の物理学者が、世の中で広く普及している成功法則が物理学がどのようにして解釈できる、仮説として成り立つか、という前代未聞なことに挑戦したものです。



そもそも、物理学がどうやって世の中の成功法則を解釈するのか、なんですが次の式が根底にあります。

E = mc²



アインシュタインが導き出した有名な式です。
物質の持つ質量とエネルギーは等価である、というぼくも詳しく知らない式ですが。

つまり、物質はエネルギーになるし、エネルギーは物質化するという意味です。


確認されているのは、光のエネルギーが集まって収束すると物質ができるとのこと。
宇宙の始まりもエネルギーだったようで、そこからどんどん物質ができたのだとか。


へえ~~と驚きです。このエネルギーの物質化がこの本のポイントになります。


ノーベル賞を取った世界的物理学者たちなどが行き着くのは、「心と宇宙」だそうで、科学的に解明するために日夜研究されています。
本書はそうした研究を元に、精神論ではなく、物理学という観点でまとめられているので、とても斬新で妙な説得力があります。





ぼくが読み取った(というか、聞き取った)ところは、心はエネルギーを持っており、それを集中させると物質化させ、人の願望が叶う。ということ。
人の感情が脳内物質を放出させるトリガーになっている、つまり、心で考えたこと・感じたことが現実世界で物質化を起こしているわけで、心はなんらかのエネルギーを持っていると考えるわけです。

その心のエネルギーを集中させるとエネルギー密度が高くなり、現実世界に影響を及ぼします。
また、人間は原子からできているので、周囲に共鳴するなど影響をおよぼすことが考えられ、偶然の出来事が起きたり、口に出した願望がかなったりします。


・・・・

という感じで、今言われている有名な法則は物理学の見地からも十分に成り立つ仮説になります。
ただ、まだ解明されたわけではないので、本書に書かれているのは仮説です。
違う物理学者からの反論はあるでしょうし、その根拠が正しいのかも、素人ですからさっぱりです。

でも、科学は人の心にもアプローチを開始しており、成功法則が実際には科学的に証明される日も来るかも知れず、今の科学論からでもその有効性はある可能性がある、というのは大きな情報でした。
研究の対象とされている物質も、我々人間を構成する物質も同じものから構成されているからです。


ですので、成功法則はそれなりに有効であるという論拠としてもいいような気もします。
本書は専門的な用語がばんばん出てきますが、それなりに理解した気になって読み進めることができるとは思います。
興味深い1冊でした。