2016年式のムーヴ カスタムX SAⅡを購入して2ヶ月間の使用レビュー!

こんにちは、Moriです。

2016年式のムーヴ カスタムX SAⅡを購入して2ヶ月経ちました。
使用レビューをしたいと思います。

以前乗っていたのは、スズキのワゴンR RRです。ターボで64馬力。
ここを比較対象とおいていきます。



2016年式のムーヴ カスタムX SAⅡの実燃費はこうなっています

で書いたように、燃費がいいですね。
21km/Lくらいはでます。片道15kmくらい運転するのもあります。
おかげで、600km弱で1回の給油で済みます。

以前の車が16年前のものであるので比較すると申し訳ない点がいろいろいとありますが、走行音は静かになりましたが、、、まあ、軽って感じです。
アイドリングストップのくせがあって、停止する前に充電する回生システムが突如切れたタイミングでブレーキしていると、ガクッとなるのがあります。
ここが、、、嫌だなと感じる部分。

とても繊細のコントロールをしないといけないので、疲れます。
運転席の座り心地は最低。
肩が凝る、調整してもいいポジションになりません。

ワゴンRやデイズはこんなことはありません。ブレーキもスムーズ。
・・・そう、、、運転するのに疲れる車です。残念なことに。
このことを考えると、、、、Nワゴンとかのほうがいいかも・・・とも思えますね。。。



パワーは全然ありません・・・。
まあ、普通のDモード自体が省燃費設計ですから、踏んでも馬力は出ずに辛いですね。
Sモードにしても大差はありませんが、PWRモードにするとかなり出ますが、、、燃費はめちゃ悪いです。

全般的にパワーはなく、高速のゆるやかな上りで「辛いなあ・・・・」って感じますね。
以前の車とは全く違います。
燃費を重視しているので仕方ありません。


アイドリングストップ中にはエコクール冷媒が入っているので、思った以上に涼しい風が出ます。
まだ夏本番ではないので、確証はありませんが、効果を感じる点は◯。

窓ガラスにはUVカットと熱線IRカットが標準で入っている点も◯。
ただし、ホンダはカット率を明記しているのにダイハツは明記していませんので、曖昧。
でも、効果は感じます。

ハンドルに、ナビのオーディオをいじったり、パワフルに走るPWRボタンが付いている点もグッド。
これだけで、、、本当に便利です。

運転席、助手席にドリンクホルダーがついていたり、アームレストに収納、2本分のペットボトル入れまであり、席の下の靴入れなど、、、収納系はばっちり。




ただ、、、座席のアレンジは弱いですね。
ワゴンRの方がはるかにいいですね。
後部座席を倒してもフラットにならないのには驚きました・・・。

その分、後部座席の座り心地を良くしているらしいですが、、、、うーん、、、。
助手席を倒せばフルフラットっぽくはなりますが、、、、まあ、ここで寝るわけではなくて物を運ぶくらいですからね。
問題ないと言えば問題ない。


あと、、、オートライトは本当に便利です!!
あるかないかで、、、毎回の手間が全然違います。
しかもLEDで明るいのも嬉しい!!

オートライトばんざい!!



SAⅡとは、スマートアシスト2の略です。
車線はみ出し、前方の車に近づきすぎる、前の車が発信したときなどに警告を音を鳴らしてくれます。
音は小さくてビクッとすることはありませんが、油断しているときなどには「ああ、、ちゃんとしなきゃ」と身が引き締まります。

あるとないとでは、安全面ではちょっと違うなと思いますね。
レーダーは前と後ろについていて、後方も検知してくれますが、あくまでも条件に当てはまったときだけです。

例えば、雨が降っているとレーダーがきちんと作動しないのでスマアシは止まる仕様(ワイパーを動かすと停止)になっています。
他メーカーでもそうだと思います。

こうしたサポートのよいところは、油断したときに差が出る思いますね。
事故なんて、疲れた時などに起こるものですから、その時にちょっとした警告音が出れば違うわけです。


という感じで、難点な部分もありますが、総じてよかったなと思えます。
何より、16年で車は大きく進歩したんだな~~ってしみじみと感じますね。


ちなみに、スズキのエネチャージは、リチウムイオンバッテリーがへたると燃費が急激に悪化しそうですし、IRカットガラス不採用なのでやめました。





シェアする

フォローする